Wisdom-EX Linuxでの使用方法

Lv 2.04からはLinux上でも動くようになっています.

wineにDirectPlay, dotnet2.0, Managed DirectX(もしくはDirectX9のフルインストール)を導入する必要があります. Ubuntuでの導入法を別ページにまとめてあります. 参考になれば. なお, dotnetを使わずMonoでの代用はできません.

Windowsと共通の手順

調理法

root / README.txt
 |     init.bat
 |     RareCandy.exe
 |
 +-- decks / ***.dec
 |
 +-- expansion / ***.dat
 +-- image
 |     +-- dmasters / ***.jpg
 |     +-- pokemon  / ***.jpg
 |
 +-- orig / (空)
 |
 +-- text / dmasters_text.dat
 |          pokemon_text.dat
 |          expshare.exe
 |          tmp / (空)
 |
 +-- wav / login.wav
  1. 最初にEXキットを解凍します. 解凍直後は上の図のようなファイル構成になっています.
  2. 解凍後にできるorigフォルダに, 原作のWisdom.exe DeckEditorPM.exe, DeckEditorDM.exeを入れます.

init.batの実行方法

最後にinit.batを実行すると作業完了となりますが, wine init.bat ではおそらくうまくいきません.

wine cmd.exe でコマンドプロンプトを起動し, その中で init.bat を実行してください.

連絡先

やり方わからないとか, なんかバグったとか, 遠慮無くお問い合わせください. 解決できる保証はありませんが...


もどる